ミノキシジルの効果と副作用|初期脱毛や効果が出るまでの期間

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として代表的な薬の1つ「ミノキシジル」

どれほどの効果があるのか?副作用はあるのか?等気になっている人が多いと思います。

今回はそんなミノキシジルについて解説していきたいと思います。

ミノキシジルとは?

ミノキシジルは、もともと高血圧の患者に用いる経口薬で血管拡張剤として開発された成分です。後に髪を育成し脱毛症を回復させる効果が発見され、世界で初めて認可された脱毛症の治療薬となりました。

ミノキシジルは、錠剤で服用する内服薬と直接頭皮に塗布する外用薬の2パターンがあります。それぞれ効果の強さが違うのですが、後に説明します。

また、フィナステリドやデュタステリドと異なり男性だけでなく女性にも服用でき、効果を発揮します。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの主な効果は

血行を良くする。

毛母細胞を活性化させる。

毛サイクルを整える

この3つです。順に説明します。

血行を良くする

血管拡張作用により毛根や収縮した血管の再生を促し、髪の毛を製造する毛乳頭細胞や毛母細胞へより多くの栄養素や酸素を行き届かせます。

毛母細胞を活性化させる

毛母細胞とは髪の毛を生やすために非常に重要な細胞で、これが細胞分裂をくり返すことで新しい髪を生成します。その毛母細胞の細胞分裂を促し、育毛・発毛を促進させることができます。

毛サイクルを整える

休止期毛包→初期成長期毛包への移行促進
初期成長期毛包→後期成長期毛包への移行促進

これらの効果により髪が抜けている箇所に新たに毛を発毛させ、さらに毛を太く長く成長させることが可能になります。

内服薬と外用薬の効果の違い

内服薬

錠剤で直接体内に入ることによって、ミノキシジルが血流に乗って細胞まで届くので外用薬よりも高い発毛効果が得られます。その反面、副作用も外用薬より強くなります。

効果が出るまで3ヶ月〜とされています。

外用薬
発毛効果はもちろんありますが、育毛剤等によって外側から塗布するため内服薬より効果は弱いです。また、内服薬よりも効果を実感するまで時間がかかります。ですがその反面、副作用は内服薬よりも弱いです。

効果が出るまでは6ヶ月〜とされています。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用は、外用薬使用時で発症率約8%、内服薬ではそれ以上とされています。

主な副作用として

・頭皮のかゆみ、かぶれ、フケ、発疹

・動悸、心拍が速くなる

・頭痛

・手足のむくみ、体重増加

・多毛症(全身の毛が濃くなってしまう)

などがあります。

当然、含量が多ければ多いほど発毛効果はありますが副作用も強くなります。

万が一副作用が起こってしまった場合は、すぐ服用をやめて病院で受診しましょう。

また、確認されているわけではありませんが、耐性がついてしまう可能性があるとされています。耐性とは長期間服用したりすることによって薬剤に対して体が抵抗性を持ってしまい、効果が得られなくなったり、効きにくくなってしまうことです。

初期脱毛について

初期脱毛が起こる確率は極めて高いです。これは現在生えている細く弱々しい毛が、新たに強い毛に生まれ変わるため抜けるからです。(休止期毛包→初期成長期毛包への移行段階)

なので初期脱毛が起こっても絶望してはいけません。効果が出るまでに時間がかかってしまうものなので、それを頭に入れておきましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。
ミノキシジルはとても効果が高いですが、副作用も強いので取り扱いには十分注意が必要です。

高い効果を必要としてるなら内服薬、まだAGAの進行が緩いなら外用薬にすると良いでしょう。

ですが、どちらを取り扱うにしても1度医師の診断を受けてからにしましょう。