AGAとは?|AGAの原因と治療法

AGAとは、「男性型脱毛症」という頭髪がだんだんと薄くなっていく進行型の脱毛症のことです。平均的には20代後半から30代半ば以降に発症します。20代前半から発症するケースもあり「若ハゲ」なんて言われたりもしています。

今回はそんなAGAの原因と治療法について話していきます。

〈この記事の目次〉

AGAの原因

一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが原因と考えられています。

睾丸で作られる男性ホルモン(テストステロン)が血液を通って頭皮に存在する還元酵素(5-α リダクターゼ)と結び付くことで、より強力な男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストロン)に変換されます。

このDHTは毛乳頭にある男性ホルモンレセプター(受容体)と結合し脱毛因子「TGF-β」を増やします。

そして脱毛因子は毛乳頭や毛母細胞に髪の毛を抜くように指令を出します。

その作用によって成長期の段階の髪の毛が退行期→休止期へと移行し、毛周期(ヘアサイクル)が乱れます。

結果、太い毛は減っていき成長しきれない細く短い毛が増えていき薄毛へと進行していきます。

また、5-α リダクターゼの活性度と男性ホルモンレセプターの感受性は遺伝によって引き継がれるとされています。これが遺伝がAGAの原因に関わっていると言われている所以です。

AGAの主な治療法

主な治療法は3つあります。

お薬による治療

DHTの生成を抑制させる薬(フィナステリド 、デュタステリド)や血行を良くし毛母細胞を活性化させる薬(ミノキシジル)を服用する治療法。

自毛植毛

AGAに強い後頭部の髪の毛(毛包)を気になる箇所に移植する手術。移植した髪の毛が定着すれば、永久に生えてきますので唯一薄毛完治を目指せる治療法です。

注入治療

頭皮に育毛・発毛成分を直接注入する治療法。注入する薬液に毛根や頭皮の細胞を再生させる成長因子という成分が含まれているのが特徴です。

最後に

いかがでしたでしょうか。今回は特にAGAの原因について詳しく解説したのですが、生活習慣も関わっている可能性もあります。後に生活習慣と薄毛の関係性について記事をアップしたいと思います。