生活習慣と薄毛の関係|日頃からAGA対策しよう

こんにちはトニーです。

AGAの原因は遺伝などの先天的要素の他に、後天的要素として生活習慣の乱れもあると考えられています。

生活習慣はとても重要で、改善していくことでAGA発症を防いだり進行を和らげる可能性もあるかもしれません。知っておくだけで自分なりに対策できると思うので是非目を通して行ってください。今回はそんな生活習慣と薄毛の関係について気をつけるべき生活習慣を挙げ、説明を付け足していきます。

喫煙

百害あって一利なしとは良く言ったもので、喫煙は人体に対してデメリットばかりですよね。喫煙は体内の血流を悪くしてしまうため、髪への栄養が行き渡りにくくなってしまい薄毛に繋がる原因になります。

飲酒

飲酒は肝臓に負担をかけることで知られていますが、肝臓は髪の製造に必要なタンパク質を合成する場所なので悪影響が出てしまいます。過度なアルコール摂取は避けましょう。

偏った食事や過度な食事制限ダイエット

油っこい物ばかりを食べていたり過度な食事制限は髪の製造に必要な栄養の不足を招きます。ダイエットする場合は過度な食事制限を避け、運動を取り入れて栄養バランスを考えた食事をしましょう。

睡眠不足

髪を育てる成長ホルモンの分泌が活発なのは睡眠時です。なので睡眠不足は薄毛の大敵と言えます。また、成長ホルモン分泌時の睡眠の質も大事なので十分な睡眠時間が必要と言えます。なるべく夜更かしは避けましょう。

間違ったヘアケア

間違ったヘアケアは薄毛リスクを高めます。まず、シャンプーは頭皮に優しいアミノ酸系のノンシリコンシャンプーを使いましょう。ワックスなどの整髪料は頭皮につかないように注意し、必ず就寝前には落としましょう。

ストレス

過度なストレスは身体にあらゆる悪影響を及ぼします。ストレスを感じると筋肉が収縮し血行が悪くなったり、自律神経の働きが鈍ってしまうため髪の成長に必要な栄養が十分に行き渡らなくなってしまいます。自分なりのストレス解消が必要です。

※ストレス解消におススメなのは運動すること!

ウォーキングや軽いジョギングなどの適度な有酸素運動は血行を良くするほか自律神経やホルモンバランスを整えたりストレス発散効果があります。また、栄養や酸素を毛乳頭細胞や毛母細胞に届ける毛細血管を増やす働きもあるとされています。さらに、汗をかくことで脱毛の原因となるDHTの排出も期待されています。なのでとてもおススメできます。

これらの主な原因がきっかけとなりAGAが発症してしまう可能性があります。日頃から意識して過ごしましょう。

まとめ

これらの事を踏まえて髪に良い生活習慣を目指していきましょう。

・喫煙と飲酒は控える。

・栄養バランスの良い食事を。

・睡眠はしっかり取りましょう。

・軽くでいいので適度な運動をしましょう。

・髪や頭皮に悪いヘアケアは辞めましょう。

いきなり全て実行に移すのは難しいと思います。ですが少しずつ意識し改善していき最終的に習慣化できれば良いと思います。